プロミス 審査

プロミスの審査はメガバンク保証会社なので能力が高い

プロミス 【SMBCコンシューマーファイナンス】


プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

 

 

プロミスの審査基準について

キャッシングを利用したいと考える場合、気になるのはその審査基準です。

 

誰でも手軽に利用できるという印象の強い消費者金融ですが、それでも審査なしに借入を受けることができるわけではなく、これは大手消費者金融業者のプロミス 審査であっても例外ではありません。

 

まず、プロミスに限らずキャッシングの審査で確認される項目として挙げられるのが、既に他社からの借入を受けているかどうか、という点です。

 

この場合、マンションや家を購入するための住宅ローンや、自動車を購入するために組んだ自動車ローンなどは「他社からの借入」と判断されることはなく、ここではあくまでも「他の消費者金融業者からキャッシングの利用を受けているかどうか」という点が重要となります。

 

プロミス以外の業者で借入を受けていることがそのまま審査でマイナスになるというわけではありませんが、キャッシングの利用総額によっては希望する金額をそのまま借入できないという場合もありますし、中には審査に通らないという可能性もあります。

 

これは、プロミスの審査だからというわけではなく、融資を受ける人が多重債務に陥らないように法律で借入できる上限が定められているためといえます。

 

次に、審査で重要となるのが返済能力の有無です。

 

これについては会社などに勤めていて、毎月一定の収入があれば問題ないでしょう。

 

また、プロミスの場合はキャッシングの利用について正社員でなければならないというわけではなく、アルバイトやパートでも借入を受けることができます。

 

もちろん、先述のように既に他社からキャッシングの利用がある場合は、安定した収入があっても希望通りの融資を受けられない可能性がありますので注意が必要です。

 

そして、もうひとつ忘れてはならない要件といえるのが、「満20歳以上」であることです。

 

プロミスでは収入の要件として正社員である必要はなく、学生であってもアルバイトなどで収入を得ていればキャッシングを利用することができます。

 

逆に、他からの借入がなく、収入も十分あったとしても、未成年の場合はプロミスでキャッシングを利用することができないということになります。

 

以上の項目は、いずれも当然といえば当然のことばかりですが、しっかりと確認しておきましょう。